仕様によって変わる高性能住宅のグレード

仕様によって変わる高性能住宅のグレード

高性能住宅を示す基準の1つに、HEAT20が挙げられます。
断熱性能を表す数値・基準値であり、その性能によってグレードが三段階設定されています。
真冬の室内が測定範囲となっており、特定の温度よりも下回らないかどうかで区分けされるという仕組みです。
G1であれば、冬場の室内が10度を下回らない高性能住宅に付与されます。
この数値が13度であればG2、15度であればG3と表現されるという訳です。
日本では古くから夏の暑さを目安として作られてきた歴史があり、この基準が設定されたのは近年のことです。
ここで用いられる数値は、UA値という単位になっています。
規範となる10〜15度とは、体感温度によって設定されています。
体感温度は壁と床・天井それぞれの平気温度に室温を足して、2で割った数値です。
北海道から沖縄に至るまで、その気温や環境に応じて8つの区域にふさわしい温度が定められています。
このUA値に関して、問い合わせたときにスマートに返答できる住宅会社は優れていると言い換えることもできます。

高性能住宅は長持ちすることから価値が高い

断熱性や気密性、耐震性に省エネ性も優れる高性能住宅は、建物の価値が高めでしかも長期的に持続する傾向にあるといえるのではないでしょうか。
その理由は単純に高性能住宅が長持ちしやすい、言い換えれば耐用年数が長いからで、劣化しにくいことが結果として資産価値を保つことに繋がっています。
断熱性の高さは結露の発生のしにくさを意味するので、壁にカビが生えたりシロアリが発生するといった被害が避けられます。
気密性も同様に住宅を劣化させる湿気の流入を防ぐことから、壁の内部が結露しにくく結果的に建物が守られます。
耐震性は、人命や家財を守ることもそうですが、地震の影響で建物が歪んだり住宅性能が低下するリスクを減らしてくれます。
つまり、耐震性が高い高性能住宅は、地震の影響を受けにくくて劣化する恐れが小さいことを意味します。
省エネ性は時代が求めるものですし、持続可能な社会の実現に不可欠な要素ですから、やはり高性能住宅は時代のニーズにマッチする意味でも、今後は更に評価されることになるのではないでしょうか。

高性能住宅に関する情報サイト
高性能住宅の基本情報

このサイトではワンランク上の生活スタイルを実現するために必要となる、高性能住宅に関する基本的な情報などを紹介していきますから、そのような情報を探している人がチェックすると役立つはずです。仕様によって変わるような特徴もありますし、実際に購入をするときはグレードについても理解しておかないといけませんから、そのような点も詳しく説明していきます。入居するまでのプロセスも分かりやすく解説していくので、購入から入居までのイメージを簡単に持つことができるはずです。

Search